高伸長シリコーンゴムの伸び率を生かした成形製造しています

高伸長性シリコーンゴム

ゴムは伸び縮みするのが最大の特徴です。一般のシリコーンゴムよりよく伸びる、伸び率特性と引き裂き強度に特化した高伸長性シリコーンゴムグレードを紹介します。

高伸長性シリコーンゴムとは?

ゴム=伸びる素材 と認識されていると思いますが、その伸び具合・程度というのはゴム素材や硬さ(硬度)によって大きく異なる性質があります。

シリコーンゴムは一般的に他のゴム素材と比較すると、若干伸び率が低い傾向がありますのでそれを補うべく高伸長性シリコーンゴムというグレードがあります。

一般的に硬さの柔らかいゴムほど、伸びやすいとも言えますが、シリコーンゴムは引き裂き性に弱い特性がありますので、よく伸びても、微細な切り口などがあると小さな力でも簡単に進行性破断してしまうこともあります。

高伸長性シリコーンゴムは、一般のシリコーンゴムと比べて特によく伸びる特性を持ちつつ、更にゴムの機械的強度や引き裂き性に優れた性質を持つタイプになります。当社では 硬度35°タイプの1種類のみの取り扱いとなります。

高伸長性シリコーンゴムと一般シリコーンゴムの物性比較

高伸長性シリコーンゴム 低硬度シリコーンゴム 一般シリコーンゴム
硬度(A) 36 20 30 51
色調 半透明 半透明 半透明 半透明
密度(g/cm3) 1.13 1.08 1.11 1.16
引張強度(Mpa) 10.9 5.7 7.6 8.7
切断時伸び(%) 940 1030 740 390
引裂強度(クレセント形) 32 17 10 7
圧縮永久歪み(%) 20 ※1 41 ※2 19 ※2
※  本データは代表値であり、規格値・保証値ではありません。
※1 150℃X22h
※2 180℃X22h

2tX170mmX25mmの伸び方比較

高伸長シリコーンゴム比較
青色/一般 赤色/高伸長
高伸長シリコーンゴム比較
500g荷重

【カスタム対応】高伸長性シリコーンゴムシートのオーダーメイド販売

当社で取り扱いの高伸長性シリコーンゴムは 35°の1タイプとなります。ご了承ください。

材料を常時在庫しているグレードはありますが、入手性に難があるため高伸長性シリコーンゴムシートは全て特注品扱いとなります。材料在庫があれば、最短で2週間程度でご提供できますが、在庫切れの場合は最大3ヶ月程度お待ちいただく可能性がございます。

硬度 ゴムシートサイズ 最小厚mm
(公差)
最大厚mm
(公差)
厚み刻み
(mm)
表面 色調
35° 300X300 0.5
(±0.1)
10.0
(±0.5)
0.1 通常みがき 半透明
(ナチュラル)
黒色
300X300 0.5
(±0.1)
10.0
(±0.5)
0.1 ブラスト調
280X380 1.0
(±0.1)
10.0
(±0.5)
0.5 通常みがき
280X380 1.0
(±0.1)
10.0
(±0.5)
0.5 ブラスト調
280X380 1.0
(±0.1)
10.0
(±0.5)
0.5 鏡面加工
450X450 1.0
(±0.1)
10.0
(±0.5)
0.5 ブラスト調
500X500 1.0
(±0.1)
3.0
(±0.2)
0.5 ブラスト調
高伸長性シリコーンゴムシートは当社運営の楽天市場では販売してません。全てオーダーメードのカスタム対応となります。サイズとロットをご確認のうえ、メール(推奨)電話・FAXにてお問い合わせください。

高伸長性シリコーンゴムシート使用時の問題点

コスト

おおよそですが、汎用グレードの一般シリコーンゴムに対して、3~4倍の材料価格となります。

本素材よりも安価な硬度20°品と比較すると、単に伸び率だけでは高伸長性シリコーンゴムよりも有利ですが、強度が高伸長性シリコーンゴムの方が優れているため、硬度20°品での代用は厳しいという見解です。

成形時の加工性(バリの仕上げ性)が悪い

金型を用いた成形品は必ずバリを除去する仕上げを伴うのですが、高伸長性シリコーンゴムの場合バリ部分のゴムが伸びてしまうことと、ゴムの強度も増すため、仕上げの際にバリがきれいに除去できず残ってしまう傾向があります。

この場合、バリ残りの許容値を拡大していただくか、バリ取りのための仕上げ治具を起工し対応することで、一般シリコーンゴムと同等とバリ残りの基準を採用するというケースがあります。

材料入手リードタイムが不安定

国内に複数のシリコーンゴム材料メーカーが存在していますが、高伸長性シリコーンゴムは一社のみの販売となるため、他社同等品の代替品が難しく且つ材料入手のリードタイムが1~3ヶ月程度要してしまいます。可能な限り、当社でも常備するようにしておりますが、材料在庫がない場合もございますので予めご了承願います。

高伸長性シリコーンゴムのよくある質問Q&A

高伸長性シリコーンゴムは、主にどのような商材に使用されるケースがありますか?

ユーザー様でゴム製品を伸ばして使用するケースで採用されるケースが多く、過去の実績では、スイミングキャップ、ベルト・バンド類に多くの実績がございます。

高伸長性シリコーンゴムで輪ゴムを製作することは可能ですか?

一般的な輪ゴムで使用されるゴム素材は天然ゴムを使用したラテックスと呼ばれる素材を使用する場合が非常に多いのですが、この素材は熱や紫外線、化学薬品に弱いため劣化速度が早いの難点です。

高伸長性シリコーンゴムの場合は、耐熱・耐紫外線に優れているため、劣化しづらい特性がありますがラテックスほどは伸びません。着色によりカラフルで劣化が少なく、長期間使用可能な輪ゴムの製作が可能です。但し、当社での輪ゴムのラインナップは無いので、製作には金型が必要です。弊社営業担当までご相談ください。)

高伸長性シリコーンゴムでチューブや紐形状のロールものは可能ですか?

押出成形と呼ばれる、長尺品は製作できません。長さにもよりますが金型を用いて成形が可能な寸法での製作となります。短尺品のみとなってしまいます。

フィットネスで使うトレーニングエキスパンダーを作れますか?

伸び縮みしますのでシリコーンゴムと思われることが多いですが、シリコーンゴムは引き裂き性に弱くトレーニングエキスパンダーには不向きです。最近の市販されているものはエラストマーと呼ばれる軟質樹脂が多いようです。ご確認ください。

お問い合わせ

高伸長性シリコーンゴムに関するお問い合わせ

 

他にこんな記事が読まれています

おすすめ記事

電機・電子向け、自動車・航空機向け部品、医療品向け等々、様々な世界で使用されているシリコーンゴム製品。この優れた素材を使って新たな商品を開発し、販売又はご自身で使用してはいかがですか? 全く新たな商品だけではなく、別の素材で商品化され[…]

シリコーンゴムのアイデア商品オリジナル商品
おすすめ記事

シリコーンゴムは耐熱性、化学的安定性、安全性の高さから医療業界や食品業界にも多く採用されています。同じく一般消費者がシリコーンゴムの安全安心を認知していることから美容業界・健康関連向けのグッズとしても数多く採用されています。 美容グッズ・[…]

シリコーンゴム美容グッズ・健康グッズ
おすすめ記事

当社のシリコーンゴムシートはお好みの色調(カラー)や硬度で対応可能です。他では売っていないシリコーンゴムシートをラインナップ。自社工場での受注生産で厚みもサイズも選べます。特殊グレードのシリコーンゴムシートの作成も可能です。 特殊[…]

シリコーンゴムシート