シリコンゴム製品の開発支援から試作・量産まで迅速対応いたします。自社製造販売の共和工業株式会社
共和工業(株) ゴム製品の種類 シリコーンゴム製品の技術 ゴム製品の技術情報 ゴム製品の活用事例 共和工業のモノづくり はじめての方へ
TOP > ゴム製品の技術情報 > 抜き加工・切削加工 > 抜き加工は当社のコア技術です

スーパーカッター(連続自動裁断機)
抜き型不要!スーパーカッターの活用

スーパーカッター(連続自動裁断機)は主に一本刃を使用して、ゴム板・両面テープ・各種スポンジ等、様々な板状のワークを裁断することが可能です。一本刃で寸法を自在に変更できるため、抜き型の起工は必要がありません。

特に当社の場合、ゴム成形プレスで作成したゴム板をあらゆる寸法でカットいたします。そのカットの最小幅は何と0.2mm〜 と超精密な設定が可能です。
(材質・硬度・厚みによって異なります。)


抜き型は不要!

例えば、ゴム板を下記のような5mmx5mmの四角形状にしたい場合、抜き型を起工することなく、任意の寸法でカットすることができます。
抜き型不要!スーパーカッターの活用


ハーフカットと全抜きの組み合わせが可能!

寸法の精度もさることながら、ハーフカットと全抜きの設定がボタン一つで可能ですので、同一ワークでハーフカットと全抜きの混入が可能になります。

ハーフカットと全抜きの組み合わせ

ハーフカット ・・・ ワーク+両面テープといった製品において、ワークとテープ層は
            カットされているが、セパレータは切れていない状態でシートの
            状態を保つカット方法
全抜き    ・・・ ワーク+両面テープといった製品において、セパレータもワークと
            一緒にカットしてしまう。


寸法精度が容易かつ精度が高い!

寸法設定はコンピュータへの入力で自動制御ですので、いつでも簡単に設定することができ、作業毎に条件を変更する・・・なんてことはありません。下記の例は0.4mmの厚さのシリコーンゴムシートをそれぞれの幅でカットしたものです。

スーパーカッターでの加工品
スーパーカッター(連続自動裁断機)設備

当社では、抜き加工専用の2台のスーパーカッター(連続自動裁断機)を所有しており、それぞれの特徴を活かした加工方法で高品質商品を効率よく生産しています。


<O社製 スーパーカッター>


ワークを乗せた台が設定寸法分移動するタイプ>平板カットの寸法精度が高い
ワーク最大幅 550mm
カット寸法 0.2mm〜300mm 
カットスピード Max100ショット/sec  Min40ショット/sec
最大カット厚み 10.00mm
(材質・硬度・厚みによって変わります)
荻野機械製 スーパーカッター
<A社製 連続自動裁断機>

ロールバーが設定寸法分回転して、ワークを移動させるタイプ
     > 長尺のロール状態のワークを自動化でカットすることができます。

ワーク最大幅 550mm
カット寸法 0.2mm〜999mm 
カットスピード Max130ショット/sec  Min40ショット/sec
最大カット厚み 10.00mm
(材質・硬度・厚みによって変わります)
曙機械製 連続自動裁断機


抜き加工は当社のコア技術
粘着PETフィルムの抜き加工品
両面テープ抜き加工製品
スポンジ゙・発泡品の抜き加工品
穴あけ・スリットなどの追加工品


ゴムのお問い合わせ
 

このページのトップへ