シリコンゴム製品の開発支援から試作・量産まで迅速対応いたします。自社製造販売の共和工業株式会社
共和工業(株) ゴム製品の種類 シリコーンゴム製品の技術 ゴム製品の技術情報 ゴム製品の活用事例 共和工業のモノづくり はじめての方へ

ゴムの耐寒性
ゴムの耐寒性

ゴムの特性として、弾性を有することが一番の特徴ということができると思いますが、低温の環境下にさらされる事により、その弾性は、次第に硬く変化する傾向にあります。

つまり、ゴムの耐寒性という場合、その弾性が硬化することによりゴムの一番の特性と言える、弾性が失われてしまう事が、物性変化の代表的なものですが大きく3つに分類して考えることが出来ます。

1.ゴムの劣化硬化による、硬度の変化
2.ガラス転移点(Tg)での、脆化(ぜい化)
3.ゴムの結晶化による硬化

ゴムはガラス転移点(Tg)以下では、ガラス状に変化しゴムとしての特性を失う事になります。シリコーン(Q)やブタジエンゴム(BR)等はこのガラス点移転が低く、耐寒性に優れていると言えます。

ゴムの分子が低温領域でどれだけ自由に動けるかによって、耐寒性の値が決まってきます。 分子構造の凝集力が強く、極性が大きいゴムほど、ゴム分子の運動性が悪く、柔軟性が損なわれ、耐寒性の低いゴムと言えます。

また、上記だけでは計れないものもあり、分子に分岐があると、分子が動き難く柔軟性が劣ります。ブチルゴム(IIR)等がそうであり、SP値のわりに、Tgが高く、ブタジエンゴム(BR)は反対に、分子に分岐をもたない為、SP値のわりにTgが低くなっています。

上記同様、例外的に結晶性のある、クロロプレンゴム(CR)、や天然ゴム(NR)は低温領域でTgが低いわりに、分子の柔軟性がありません。


一般的なゴムの耐寒温度

ゴムの種類 略号 耐寒限界温度 (℃)
シリコーンゴム VMQ −50 〜 −60
クロロプレーンゴム CR −30 〜 −50
ニトリルゴム NBR −30 〜 −50
水素化ニトリルゴム HNBR −10 〜 −30
ブチルゴム IIR −30 〜 −50
エチレンプロピレンゴム EPDM −40 〜 −60
アクリルゴム ACM 0 〜 −20
ウレタンゴム −20 〜 −40
フッ素ゴム FKM −10 〜 −30
天然ゴム NR −30 〜 −50
*Tg(ガラス転移点)・・・個体の非結晶部分は温度が低いと分子運動性が低くこれをガラス状態と呼び、温度が上がると運動性が大きくなる。その境界点を指す。
*SP値・・・ゴムの膨潤性を推測する時に用いる。ゴムの極性を表す溶解度のパラメーター

※一般的な数値のため弊社が取り扱わない商品もあります。



各種ゴムの低温特性


耐寒グレードシリコーンゴム

シリコーンゴムが他の各種ゴムと比べ、耐寒性に優れています。
一般用シリコーンの耐寒性より低温耐性に優れ、低温環境化での耐性に特に優れた特殊グレードの耐寒用シリコーンゴムがございます。


主に低温環境での使用を目的としたガスケットやパッキン類向けに設計されたグレードで、硬度バリエーションは52°(ショアA)の1タイプです。メーカーカタログ値では−100℃までの耐性があります。

※データはメーカー値であり、当社が保証するものではありません。
※常時在庫品ではありませんのでお問い合せの上ご相談ください。



ゴムのお問い合わせ
 

このページのトップへ