シリコンゴム製品の開発支援から試作・量産まで迅速対応いたします。自社製造販売の共和工業株式会社
共和工業(株) ゴム製品の種類 シリコーンゴム製品の技術 ゴム製品の技術情報 ゴム製品の活用事例 共和工業のモノづくり はじめての方へ

ゴム硬度について
ゴム硬度測定値の目安

ゴムといえば、弾性を保持しているというのが、最大の特徴だと思います。その弾性があるために、伸ばす・曲げる・縮めるといった外部から力を加えて変形させることが可能になります。

この変形については、硬い・柔らかいといった表現で表せる感覚の違いがあり、これを硬度という0〜100までの数値表記で表すことができます。つまり、0は柔らかく、100は硬いといった表記で状態を表します。

実際に硬度を測ってみましょう。

ゴム硬度(人肌) 人の肌

およそ10°です
ゴム硬度(タイヤ) タイヤ

およそ65°です
ゴム硬度(シリコーンゴム片) シリコーンゴム

試験片はおよそ50°


ゴム硬度の測定方法と表記について

ゴムの硬度は、表面を棒のようなもので押しつけた時の、表面の抵抗を硬度計と呼ばれる測定器で相対的単位で量を示したものを指します。

古くは、ゴム硬度の測定と表記については、「Hs50」「Hs70」と表される、JIS規格内のスプリング式を日本国内で採用しているメーカーがほとんどでした。
(JIS K 6301)

しかし、最近ではISO(国際標準化機構)や新JIS規格に基づいた“デュロメータ”を計測器に用いた方法に変更しています。
(JIS K 6253)

ゴム硬度の測定方法
当社が採用している測定方法


※デュロメータは加硫ゴムに採用する測定方法で、スポンジゴム等は
  アスカーC型に代表される別の測定器を用いて測定します。
   (日本ゴム協会標準規格より)

※デュロメータの中にも、中硬さ(一般ゴム)用、高硬さ用のタイプD、
  低硬さ用のタイプEといったように対象物によって使い分ける必要があります。
  棒で押して硬度を測定するという測定方法の性質上、硬いものほど針のような
  細い先端のもので押し、柔らかいものほど針であれば刺さってしまうため、
  測定方法(器具)を変える必要が生じてきます。


ゴムの硬さが触って分かるゴム硬度サンプルブック


ゴムのお問い合わせ
 

このページのトップへ