シリコンゴム製品の開発支援から試作・量産まで迅速対応いたします。自社製造販売の共和工業株式会社
共和工業(株) ゴム製品の種類 シリコーンゴム製品の技術 ゴム製品の技術情報 ゴム製品の活用事例 共和工業のモノづくり はじめての方へ


シリコーンゴムは、高温の環境下での耐油性に優れています。

有機系のゴムの中でも、特に耐油性に優れているニトリルゴムやクロロプレーンゴムと比較すると、100℃以下ではやや劣りますが100℃以上の温度では、これらよりも優れた耐油性を発揮します。

また、シリコーンゴムは、耐油性の他に耐薬品性、耐溶剤性に優れており、アニリン、アルコールなどの極性有機化合物や希酸、希アルカリなどにほとんど侵されず、膨潤による容積の増加は10〜15%にとどまります。トルエン、ガソリン、ベンゼンなどの無極性有機化合物には膨潤しますが、一般の有機系ゴムとは異なり、材質の分解、溶解が無く溶剤が除去されれば、元の状態に戻ります。

強酸や強アルカリには侵されますので、これらの薬品と接触する場合は、分解する傾向があるので注意が必要です。溶剤類が、シリコーンゴムに与える影響は、膨潤、軟化、強度低下などになり、溶剤の種類によりその値は変化します。


  



  
※上記データは、耐薬品性、耐油性の大まかな耐性を示したもので、耐薬品性、耐油性を証するものではありません。



  



  
※信越シリコーン シリコーンゴムの特性より引用



このページのトップへ