シリコンゴム製品の開発支援から試作・量産まで迅速対応いたします。自社製造販売の共和工業株式会社
ゴム製品の種類 シリコーンゴム製品の技術 ゴム製品の技術情報 ゴム製品の活用事例 共和工業のモノづくり はじめての方へ
シリコーンゴムプラス
TOP
>シリコーンゴム製品の技術>シリコーンゴムの印刷・塗装>シリコーンゴムへの印刷工程も社内一貫生産

シリコーンゴムへの印刷工程が社内一貫生産
印刷不具合の60%は成型品に起因しています

印刷の不具合はいろいろあります。印刷部分のキレ、カスレ、にじみ、ピンホールなど。これって印刷の技術的な部分だけでは解決できません。

 素材(ゴム)が一番大事なんです。

素材の表面にゴム成型時に使用する離型剤が付着していると、印刷の強度が極端に悪くるほか、カスレやにじみの原因にもなります。

シリコーンゴムへの印刷
印刷工程のことを考えれば離型剤は使ってほしくないわけです。

また、成型品の印刷面に小さなピンホールやキズがあったまま印刷するとその部分には同じようにピンホールやキズができてしまいます。本当は成型品の出来映えが原因なのに、見た目は印刷の出来映えが悪いので印刷現場の不良扱い。本当は成型品の出来映えの問題なんですが・・・

しかし、成型品に焦点をあわせると離型剤を塗布しないと離型できない製品も数多くあるわけです。もしくは使用すれば作業性が良いですから作業効率だけを考えてしまって当たり前のように離型剤を使用してしまう。

印刷工程で起きる問題が分かっていないと、この辺のコントロールが成型部署では難しいのです。どうしても成型部署目線では、形さえできていれば良いと思いがちですから。

そうなると、問題が起きてから成型物への洗浄などで対策するわけです。

    そう、問題が起きてから。

シリコーンゴムへの印刷
考えれば分かりますが問題が起きてからでは遅いのです。

当社では、ゴム成型と印刷工程を社内一貫生産していますので、成型部署と印刷部署の連携により、スピーディーに品質のやり取りができるので無駄なく高品質製品が作れます。また、印刷時のトラブル軽減のために成型時には下記のような取り決めがあります。

    ◆印刷工程がある製品は、成型時の離型剤使用を最小限に抑える。
    ◆離型剤を使用した場合は洗浄工程を組み込む。
    ◆一日2回、成形品の印刷面にでるピンホールやキズの検査を実施。
     (検査しやすい色調の材料にて成形後検査)

これにより印刷工程にやさしいモノづくりを実戦して高品質製品を提供します。

シリコンゴムへの印刷に関するご相談、ご依頼はこちらから。
 
ゴム成型→印刷工程が社内一貫生産では無い場合のデメリット

成型工程と印刷工程が別会社になりますとお互いの利害が発生しますので、責任の所在がぼやけてくることが見受けられます。

特に顧客クレームが起きた途端にギスギスした状態が勃発します。

シリコーンゴムへの印刷
●例えば顧客より印刷のクレームが発生した場合

 ○成型が自社、印刷が協力工場の時
印刷会社に不具合の是正をお願いするわけですがそれに対しての取り組みは満足いくものだったとしても対応費用の負担問題になると・・・
 
  印刷:「このクレームは成形品が悪いから 起きる不良だ」
  成型:「本当に成型品の問題?印刷の技術的な問題が大きい」
       「当然対応費用の負担はお願いしたい」
  印刷:「それを負担したらこの仕事はやり損になるから無理」・・・


このような押し問答は経験しているのではないですか?成型のことは印刷会社は分からないし、印刷のことは成形会社は分からない。 結局双方が納得しないまま折半して、わだかまりだけが残るなんてこと。

 ○成型が協力工場、印刷が自社の時
成型品に問題があり、再三再四成型工場に注意を促していたがなかなか改善されないでいた。客先への供給責任があるので不安定な製品を検査で選別して出荷していたが、恐れていたことが現実になってしまった。

印刷での手直しや検査でしのいでいた苦労も実費も水の泡。結局責任問題は有耶無耶でお金の問題と気まずい雰囲気だけが残ります。

 ○成型も印刷も協力工場の時
クレームの原因が明確だと良いのですが、そうでないと大変です。成型会社の言い分と印刷会社の言い分に挟まれると苦労します。

立て前はお客様第一で考えているけど協力工場は保身に入る。プライドもあるし技術への自信があるからお客様は度外視になってしまう。ましてお金の話しが絡むともっと複雑になります。
 
成型のことと印刷のことを深く理解していないと議論もできません。双方の言い分が深い次元で理解できないので責任を明確にできない。お客様にも伝えられない。頭を抱えることになります。

やはり責任問題が不明確のまま実費だけ負担していたなんてことありませんか? 困った問題ですが実際に起こります。


      工程が2社以上にまたがる時の管理コストを計算したことがありますか?
      実際、思った以上に時間を取られていると思います。
      管理コストをお金に換算すると赤字になることもあるかも知れません。
      この機会に見直しをお考えになってみてはいかがでしょうか・・・・

※当社の経験から記事にしております。

 
シリコンゴムへの印刷に関するご相談、ご依頼はこちらから。


シリコーンゴムとは?
シリコーンゴムの素朴な疑問Q&A
シリコーンゴムシート
楽天でシリコーンゴムシート販売
蛍光色や多彩な色調
高透明シリコーンゴムシート
シートの片面に両面テープ加工
シート表面に凸凹デサインシート
当社でできるゴム板の規格
シリコーンゴムシートが安くできるわけ
500mmX500mm角シリコーンシート
シリコンゴムの印刷・塗装
印刷工程も自社内で一貫生産
シルクスクリーン印刷
シルバー調の塗装
チューブへのサラサラコート・メタリック塗装
高透明シリコンゴム
ガラスのような高透明シリコンゴム
高透明両面テープを貼合せる
シリコーンゴムの接着
シリコンゴムの接着技術
シリコンゴムへのインサート技術
シリコンゴム用両面テープ
シリコンゴム用両面テープ
両面テープの剥離強度実験
一般両面テープを貼合せる技術
シリコンゴム表面へサラサラコーティング
サラサラとした表面コーティング
チューブへのサラサラコート・メタリック塗装
特性・タイプ別シリコーンゴム
特性・タイプ別シリコンゴム一覧
高引裂き・高耐久シリコンゴム
高伸長性シリコンゴム
ミラブル型シリコン・液状シリコン
耐スチーム性シリコンゴム
食品衛生法適合シリコンゴム
導電性シリコーンゴム
導電性シリコーンゴムラインナップ
シリコーンゴムの導電特性Q&A
導電性両面テープを貼り付ける
スマートフォン・タブレット端末用
難燃性導電シリコーンゴム(UL94V-0)
シリコーンゴムとイトロ処理
イトロ処理技術
一般両面テープを貼合せる技術
両面テープの剥離強度実験
超低硬度・軟質シリコーンゴム
低硬度シリコーンのラインナップ
柔軟性・吸着性・固着性を活用
シリコーンゴムへの調色・着色
豊富なカラーバリエーション
安心な色調管理システム
シリコーンゴムの調色事例
多色成型品・異硬度成型品
多色成型品・異硬度成型品
シリコンゴムへのインサート技術
PETやポリカ樹脂との一体成型
SUSやアルミとの一体成型
高分子ポリエチレンとの一体成型
2次加硫・低分子量シロキサン
2次加硫って何?シロキサンって何?
2次加硫工程の品質維持管理活動
シリコーンチューブ・丸紐・角紐
シリコーンゴムに粉体を混ぜる
シリコーンゴムRFIDタグ(ICタグ)
バルーン形状のシリコーンゴム
キッチンウエアをmade in japanで造る
耐熱性シリコーンゴム(〜300℃)
  
ゴムのお問い合わせ
       受付時間 8:00〜17:00
 受付時間 24時間
 受付時間 24時間
川口市安行北谷523-3
佐野市黒袴町190-1
 
楽天市場でシリコーンシート
ゴム硬度サンプル帳
サラサラコート・スリップコート
高透明シリコーンゴム
導電性シリコーンゴム
 
このページのトップへ