シリコンゴム製品の開発支援から試作・量産まで迅速対応いたします。自社製造販売の共和工業株式会社
共和工業(株) ゴム製品の種類 シリコーンゴム製品の技術 ゴム製品の技術情報 ゴム製品の活用事例 共和工業のモノづくり はじめての方へ


コロナ表面処理装置はシリコーン成型品などの表面を高周波、高電圧のコロナ放電照射により科学的、物理的に改質する装置です。


この表面改質により、接着性の向上、印刷性の向上、塗装・コーティング性の向上、親水性の向上などが挙げられます。

1.接着性の向上
   接着剤を基材に塗工する前に基材にコロナ処理を行うことにより接着剤と基材との接着力を
   強化する為に使います。
使用例1・・・PET・PP・ナイロンなどの樹脂板とシリコーン製ゴムとの貼り合わせ商品
        の前処理
使用例2・・・シリコーン製品への両面テープ加工はシリコーン専用の高価なタイプを使い
        ますが、コロナ表面処理で表面改質を行うことにより、安価なアクリル用
        両面テープが使用できコストダウンが実現した。


2.印刷性の向上
   スクリーン印刷に対し、インキの接着性向上及び、インキの付着性密度密度向上が期待できます。

3.塗装・コーティング性の向上
   処理前の基材にコロナ表面処理を行うことにより、塗装コーティング材料と基材との接着力強化と、
   濡れ性の向上により、塗装・コーティングムラが改善され、また塗装材料の塗装厚みの均一化
   改善が期待できます。

表面改質技術の一つとしてワーク素材の表面にコロナ放電照射することで、粘着性・印刷特性・防曇性・摩擦性の多機能を持たせることが出来ます。

高周波電源装置から発振された高周波・高電圧が処理ステーションの電極〜処理ロール間に印加されるとコロナ放電が生じます。

この放電下を処理基材が通過することで、コロナ処理が施され一般的には濡れ性が向上、同時に印刷性、接着性、コーティング特製が著しく改善されます。

コロナ処置装置を管理・運営する上で『ぬれ性』と放電量の関係は重要です。ぬれ性は印刷性・接着性に密接な関係をがあることから、コロナ処理による表面改質度合いを測定する単位として広く採用されています。
コロナ放電した処理面に試薬を塗布すると、放電量が多いほどぬれ性が増し上記左図のように液の張力が弱くなり接触角が小さくなります。 有効なコロナ放電が処理されている目安の検査として導入されています。


装置の全容 ベルトコンベアと
高圧トランス、発振機、電極との
組み合わせで構成される
 
2基のワイヤー電極からコロナ放電 処理ステーション内部


2014年5月更新


シリコーンゴムの
ご相談はお気軽にどうぞ!
ゴムのお問い合わせ
このページのトップへ