TOP > シリコーンゴム製品の技術 > 導電性シリコーンゴム > スマホ・タブレット用導電ゴムキャップ

シリコーンゴムに付加価値を与える  
スマートフォンやタブレット端末用 タッチパネル操作 導電性シリコーンゴム

スマートフォン向け導電シリコーンゴム
 
iPhoneやiPad、スマートフォンやタブレットの端末での入力操作はタッチパネル方式といい、指で画面にタッチして操作をしますが、指の替わりに専用の「タッチペン」を使用することで、正確且つ敏感に入力操作ができます。

タッチパネルでの入力操作は指で触れる事で、画面に流れている微弱な電流の流れが変わり検出出来る仕組みになりますが、指以外のものや、手袋などで指を覆った状態では反応しません。そんな時に、「タッチペン」が活躍します。


タッチペンのペン先の多くは「導電性シリコーンゴム」で造られています。電気を通す性質を持ったこの導電性シリコーンゴムは、人体に電気が流れることと同様な役割を果たします。

当社では、さまざまなゴム硬度(ショアA)や体積抵抗率(Ω・p)に対応いたします。

タッチペンは、ゴム硬度、体積抵抗率の他に、形状や接地面積等条件が揃わないと反応しない場合があるようです。当社では、製品の形状から設計に至るまで、お客様の要望にお応え出来るようご相談に応じます。
導電シリコーンゴムタッチペン

導電シリコーンゴムサラサラコート
また、導電性シリコーンゴムは画面上で滑りづらいノンスリップ特性なの操作性が良くないという問題もあります。当社では導電シリコーンゴムの表面にサラサラコーティングを施すことで、ストレスなく摺動性に富んだスリップコートで容易な操作性も可能にしています。

>>>サラサラコーティング関連ページ


導電性シリコーンゴムは、ブラックカーボン配合のため色調が黒色になってしまいますが、当社の塗装技術により表面にシリコーン系塗装で着色する事も可能になります。また、サラサラコーティングとの併用も可能です。詳しくは担当者へご相談ください。

>>>シリコーンゴム印刷関連ページ
>>>シリコーンゴム塗装関連ページ
導電性シリコーンゴム塗装


導電シリコーンゴム塗装シュアタッチ 導電シリコーンゴムのシルバー塗装



    当社取扱の導電性シリコーンゴム一覧
材料名 硬度(ショアA) 体積抵抗率
(Ω・p)
@導電シリコーンゴム(硬質)◆ 76° 2
A導電シリコーンゴム(硬質) 73° 3
B導電シリコーンゴム(硬質) 70° 3
C導電シリコーンゴム(一般硬度) 66° 5
D導電シリコーンゴム(一般硬度) 63° 3.5
E導電シリコーンゴム(一般硬度)◆ 62° 5
F導電シリコーンゴム(一般硬度) 60° 5X10の2乗
G導電シリコーンゴム(一般硬度) 50° 10
H導電シリコーンゴム(中硬度) 45° 5X10の2乗
I導電シリコーンゴム(中硬度) 40° 25
J導電シリコーンゴム(低硬度) 32° 3X10の2乗
K導電シリコーンゴム(低硬度) 30° 1X10の3乗
L導電シリコーンゴム(低硬度) 20° 3X10の3乗
M導電シリコーンゴム(低硬度) 20° 50
※硬度と抵抗値は標準値であり、実際には±の公差があります。
※赤字の原材料は常時在庫品になります。
  その他の原材料は平時取扱商品ですが、常時在庫品ではありませんので
  ご用命の際には、最低購入ロットでの取り扱いになる場合がございます。
  お問い合わせの上、ご確認ください。

◆印は当社楽天サイトでシート状にて販売しております。


  導電シリコーン性ゴムキャップ等を作成するには、御社専用の金型起工が
  必要になります。詳しくは担当へご相談ください。


導電シリコ−ンゴムについての
ご相談はお気軽にどうぞ!
ゴムのお問い合わせ


シリコーンゴムの導電特性Q&A
導電性シリコンゴムと導電性両面テープを貼り付ける
導電性シリコーンゴムシートは楽天市場で販売しています
 
※ 少ロットでもご対応いたします。
※ カット・抜きなどの加工も一括生産いたします。


2012年2月更新

このページのトップへ