異物対策でオープンロール機をそっくりクリーンブースで囲う!




当社の取り扱い製品には、シリコーン製の食器など食品関係製品や医療関係、美容関係など衛生面の品質を重視するのお仕事が増えてきております。また、それに適したシリコーンゴム材料の使用量も増加の傾向となっています。

これら衛生商品や食品関係製品の致命的不良はなんと言ってもホコリ・ゴミ・異物のゴム生地への練り込みが最大の原因となっており、その対策は急務でありますが決定的な対策が無く、苦慮しておりました。

成型現場に投入された材料においても、様々なホコリ・ゴミ・異物対策を取っていますが、大元の材料に異物が付着していては意味がありません。

シリコーン材料は特に帯電性が強く、静電気による異物の付着が多くなる為、現状も材料加工室内の空調調整、ロール機上の静電気防止ユニット、クリーンエア装置など設備での異物対策を取っていますがなかなか数字的な結果が出ず、次なる対策必須となっていました。

ならば、機械ごとクリーンブースに入れてしまおう!の発想から調査し、現状のオープンロール機を動かす事なく、現位置のままクリーンブースキットの中に入れてしまいました。

勿論ブース内には、防塵服で身を覆った服装でなければ入れません。大型のフィルター式ファン2機を装備し内部のエアクリーン度をキープ材料への異物の付着率を極限まで無くし、成型現場へ供給する事が実現しました。


清浄度スペックは『クラス1000』としていますが、無付加状態ではこれを大きく上回る数値を発揮しています。

*ブース内センターエリア測定値
μ Δ Σ
0.3 60 101
0.5 22 41
1 18 19
5 1 1
10 0 0
25 0 0
*ブース外測定値
μ Δ Σ
0.3 462558 489420
0.5 23893 26862
1 2955 2964
5 8 9
10 1 1
25 0 0

測定機器:PMS製パーティクルカウンターLASAIRV310A



2010/10更新
このページのトップへ