だれが見てもわかる成型プレス操作マニュアルを制作する

製造スタッフによる改善事項は、通常業務がある為、限られた時間枠で、運用していかなければなりません。そんな中、成形作業スタッフが、日頃から必要と感じて作成した、マニュアルをご紹介します。

成形プレス機は、現在3メーカーの4タイプとなっていて、各社それぞれ金型の取り付け、取り外し方が三社三様となっていて、作業者はこの全パターンを理解しなければならず、現在も完全に全パターンをマスターしているスタッフは、少数で、また新人作業者に指導する事は、相当な時間を必要としておりました。

また、各社機械メーカーが作成、発行する取り扱い説明書では、不完全でその説明書だけで作業を遂行することはできません。

下記に当社成形スタッフが作成したオリジナルマニュアルですが、詳細までお伝えすることはできませんがその一部をご紹介いたします。




実際の手順とおりに写真を添付しているので、非常に解り易く、注意点や、誤作動への警告も含めて、詳細に記載されており、未経験者にも親切丁寧に、作業内容を伝えてくれる内容です。


 


金型の取り付け方、取り外し方、また機械の諸設定まで、細かく記述されており、過去の事故履歴も掲載しています。




製造工場では『安全第一』が基本。 事故履歴は、大小を問わず漏れなく掲載し、禁止・危険行為は写真で載せ、注意を促します。

これら、作業者自身で作り出したマニュアルは、会社の大きな財産でもあり、その果たす役割は大きく、日頃の教育、指導の時間短縮、誤作動の防止、事故の回避に貢献しています。





このページのトップへ