現場でトラブルや事故が
      頻繁に起きるのはなぜ?


今現場で起きている事故やトラブルの原因は何なのかを考えてみると伝わっていると考えがちな情報が実は作業者に充分伝わっていなかったなどということが多々存在していることが上げられます。

伝える側の「そんな事は教えなくても分かっているだろう」という安易な考えが事故やトラブルを招いてしまっていたのではないかと反省する場面も少なくありません。

時間に追われながらの指導では、肝心な事柄を簡素化してしまったり、ましてや、一度に複数人を集めて効率よく説明しようと思いがちです。このやり方に教える側と教わる側の認識の誤差が発生してしまっているのでは?と考えています。



教育方法に問題はないか?

今まで何かを指導する際には、小集団を形成し教える側が一方的に説明するという方法で行っていました。

この手法ではたとえ小さな集団でも複数人になってしまうと、説明を理解した人と理解出来なかった人がでてきてしまいます。

しかし教える側は全員に説明したと認識してしまいます。説明した事を理解出来ているか確認する事が欠如していたのです。勝手に「理解している」と思っていたのです。



1対1で話し合い、深く理解して
    いるかを確認することが大切!


何かを質問しても、複数人では、答える人と答えない人がでてきてしまいます。もし仮に答えられない(理解していない)人がいても、代わりに答えてくれる人がいるのでその場は何事もなかったかのように流れてしまいます。

この時に分からない人は分からないままになってしまい、教える側も分かっていない事が認識できなくなってしまいます。

1対1での話し合いの場を設ける事で、教える側が何が理解出来ていないのかが把握出来るので、ピンポイントで指導する事が出来ます。教えなくてはならない事が明確になるのです。こうしてお互いの理解度を深く確認しあって行く事が大切と考えています。


このページのトップへ