<トレーサビリティーとは>
トレース(Trace):足跡 、形跡、こん跡を追う。アビリティー(ability):能力、できること。2つの単語を組み合わせてできたのがトレーサビリティー(Trasbility):追跡可能性のことである。

トレーサビリティーシステムとは、当社を
出荷した製品が「いつ」・「どこで」・「だれが」・「どのように」生産されて、流通し、出荷されたか について、いつでも追跡調査ができて情報が直ぐに取り出せる仕組みのこと。

<当社でのトレーサビリティーの仕組み>

トレースする時のキーワードは「ロット番号」になります。 製造工程で必ず付いて回る「ロット番号」が記載された帳票が「現品票」になります。

成型用の社内現品票 抜き加工用の社内現品票


当社では製品を生産する際には、注文ロット毎に「現品票」が発行されます。現品票には、製品マスタに登録されている製造情報、材料情報、工程順序、品質履歴がプリントされ、それらを元に製造されます。


また、製造記録として使用した材料の材料ロット番号、成形記録、品質記録、検査データが記録され、そしてここで「ロット番号」が発行されるのです。いわば現品票は品質に関する全ての記録が記載された重要な書類なわけです。


この「ロット番号」は製品梱包時に同封されるラベルに転記して出荷しますので、問題が発生した場合にはラベルに記載されている「ロット番号」から、現品票を探し出せば製造〜出荷に関する追跡調査がシステム的に分かるような仕組みになっているのです。


ロットの特定

製造ロットを特定するには、一番が「ロット番号」が分かることです。「ロット番号」が特定できれば材料記録、製造記録は全てピンスポットで確認できます。

しかし、顧客にて「ロット番号」が記載されているラベルが紛失、または不明な時が起きてしまうのですが、その場合は持ち得る情報を頂ければ社内の記録と付け合わせしましてある程度の製造ロットを特定いたします。

例えば、製品納入日や注文数量もしくは、だいたいこの頃に納入されたとかの、不特定な情報を元に、当社にある出荷履歴を重ね合わせて製造ロットの範囲を推測することができます。

ロットが特定されれば対処する範囲が狭められますので被害を必要最低限に抑えることができるのです。


このページのトップへ