今や工場の販売管理・生産管理にコンピューターは不可欠。

当社の生産管理システムはマイクロソフト「アクセス」をベースに自社内で構築しています。

市販の販売・生産管理システムと違い、自社の仕事にあわせたシステム構築ができますから、無駄なく便利に使うことができます。
共和工業販売管理システム

<製品マスタ>

このシステムの心臓部というべきマスタで図番をキーにして成型条件や金型管理、工程、在庫などあらゆる情報がデータベース化しています。

共通情報及び工程管理表
ここでは、その図番の得意先、単価、在庫情報や協力工場で展開している場合の仕入れ先、仕入れ値及びその製品を生産するにあたっての工程とその順序、工程担当部門が明確になっています。



成形情報
ここでは、製品毎に成形情報が盛り込まれています。
金型保管場所 ・使用材料情報 ・使用プレス ・2次加硫条件・・もちろん成形の標準書に記載されていることなのですが、これはパソコンで閲覧することが可能にさせることで、情報の共有を図ります。



品質管理情報
ここでは、製品の出荷検査に関する情報が盛り込まれています。
(もちろん、この他に各標準書類、図面を用いて検査となります)
注意事項を検査項目に変換することで、検査漏れを防止したり、検査履歴の参照が容易になります。



この製品マスタに盛り込まれた内容が製造記録の帳票である現品票(トレーサビリティへリンク)にリンクしており、まさに当社の製造情報に関する心臓部であると言えましょう。

ちなみに、この製品マスタは図面及び製造に関する標準書類を用いて作成しますが、このマスタを作成できる者は限られており、パスワードを入力しないと作成、変更ができないシステムになっているので社内のセキュリティーも安心。

次回このシステムを使ってどのようなデータを搾取できるのかをご紹介します。


このページのトップへ