シリコンゴム製品の開発支援から試作・量産まで迅速対応いたします。自社製造販売の共和工業株式会社
共和工業株式会社 ゴム製品の種類 シリコーンゴム製品の技術 ゴム製品の技術情報 ゴム製品の活用事例 共和工業のモノづくり はじめての方へ
TOP > ゴム製品の活用事例 > 課題別で探す > ゴムに印刷・塗装したい


シリコーンゴムにはマジックやペンキが塗れませんが、シリコーンゴムに印刷したり、インクを塗ることができるのですか?

シリコーンゴムは非粘着な材料なので、一般的には印刷したり接着したりすることはできません。当社では特殊なシリコーン系の素材を使ったインクを使うことによって、シリコーンゴムとの密着印刷が可能です。印刷はシルクスクリーン印刷やエアーブラシを使った塗装などの工法で行います。身近なものではテレビのリモコンのボタン部分に数字やロゴが印刷されていると思いますが、そのボタンがシリコーンゴムでできている場合が多いですので参考にしてください。


ゴムのことはよくわからないのですが、手持ちのゴム商品に印刷してもらうことはできますか?

お手持ちの商品に印刷のみを行うお仕事もお受けしております。但し、お手持ちのゴムの種類により、できない場合がございます。できましたらゴムと思われる商品の素材を確認していただきお知らせください。わからない場合は当社で確認させていただきます。素材の種類により当社での作業可否は下記のようになります。
  ・シリコーンゴム:ほぼ印刷も塗装も問題ありません。
  ・合成ゴム:素材の種類により印刷も塗装も出来ない場合があります。
  ・エラストマー:素材への密着試験が必要になります。

ゴムをお持ち込みの場合は、ゴムの状態により歩留まりが大きく変わります。品質については双方協議の上決めさせていただきます。また、支給品は原則無償支給としてお預かりし、歩留まり分の増量支給でお願いしております。

支給品から発生した不良品に関しての金銭的な保証はしておりません。ロス品としてカウントさせて頂いておりますのでご了承ください。

※高価な支給品への印刷・塗装は、その形状的な問題や品質的問題で
  ご対応できない場合がございます。


印刷色はどんな色でも対応できるのですか?

基本的には金・銀・メタリック色を除けば、ほとんどの色調にご対応いたします。お手持ちの色見本に合わせて調色いたします。また、DICやパントーンなどの色見本帳の指定番号への調色も問題ございません。当社では長年の調色データを多数蓄積していますので、類似色から短時間にご希望の色調に合わせることができます。


シルバーやゴールド、またメタリック調の印刷はできますか?

当社ではシリコーンゴムへの印刷は基本的にシルクスクリーン印刷にて行っております。このシルク印刷による工法ですと、シルバーやメタリック調の印刷はできないのですが、エアースプレーを使った塗装工法ですと、シルバーの塗装やメタリック調の塗装が可能になります。(ゴールドは不可)
メタリック調の塗装により、シリコーンゴムに重量感や高級感が生まれ、モールドなどと同調したゴムができるようになります。下記のページにシリコーンゴムにシルバー調の塗装をご紹介しております。

   >>> シリコーンゴムにシルバー塗装、メタリック塗装を施す


ゴムのベタベタ感を表面塗装で解消できると聞いたのですが・・・

ゴムはもともと油分やオイル分を含んでいるため、ゴム表面にはどうしてもベタベタ感が生まれてしまいます。このベタベタ感が商品によってはデメリットになる場合があるようです。簡単にはゴム表面をブラスト加工することである程度のベタつきは解消されますが、更なる摺動感を求める場合に、特殊塗装処理でサラサラなコーティングは可能です。サラサラコートはゴムのタック感を解消するばかりではなく、肌触り良い風合いになり、高級感も同時に生まれます。下記のページに表面サラサラコーティングのご紹介をしております。

   >>> シリコーンゴムの表面をさらさらにコーティングする。


ゴムのお問い合わせ


このページのトップへ